機械学習で日本の過去を紐解く文学研究者
TensorFlow を活用し、
昔の文字というのは、それを知る人や読める人がいなくなるにつれ、存在すら忘れ去られてしまうもの。日本の古い文字「くずし字」もその一つです。
タリン カラーヌワット氏は、そんな「くずし字」を解読できる数少ない文学研究者の一人です。
くずし字で書かれた古文書は、何十億点も存在します。カラーヌワット氏は Google のオープンソース機械学習プラットフォーム TensorFlow を独学で学び、それらを現代日本語に「翻刻」(書き換え)できるようにしました。
世界中の研究者がカスタマイズして使うことができるこのツールで、8 世紀に遡る日本の貴重な歴史、科学、文化を解き明かすことができるかもしれません。
機械学習を活用したカラーヌワット氏のツールで、現代の人々もくずし字をより理解できるようになったのです。
📚
{[slideCounterCtrl.currentSlide + 1]} / {[slideCounterCtrl.slideCount]}