所要時間: 2 分

Google Earth を使ってギネス認定の壮大なプロポーズをした GPS アーティスト

Google Earth は、私たちを取り巻く世界を探索するためのツールです。しかし、高橋康氏のような、常識の枠を超えたアーティストにとっては、Google Earth がキャンバスに、自分の足が絵の具になるのです。

2008 年、東京在住の「やっさん」こと高橋康氏は、彼女である「なつきさん」にプロポーズしたいと考えていました。問題はどんな方法でプロポーズするかでした。

彼はある日「GPS アート」に出会いました。あらかじめ決めたルートを GPS デバイスを持って移動し、その軌道で大きなデジタル絵画を描くアートです。記録したルートを Google Earth のような地図作成ツールにアップロードすると、地図上に絵が浮かび上がります。

やっさんはひらめきました。「日本列島に大きく『Marry Me』(結婚してください)と描くルートを旅して、それを Google Earth に描画したらどうだろう?」6 月、会社を辞めたやっさんは、北は北海道から南は鹿児島まで、ルートを綿密に計画した旅に出発しました。

6 か月かけて 7,163 km を移動し、やっさんの『Marry Me』は遂に完成しました。彼のプロポーズの言葉は、史上最大の GPS 絵画としてギネス世界記録に認定されました。

やっさんのように、Google Earth や Google ストリートビューを使って GPS 絵画を描く人が増えてきています。

その魅力の 1 つが、移動することで絵を描くというユニークさ。ランナーやサイクリストなら日々のルートを変えるモチベーションになりますし、それ以外の人も、ハトや恐竜、架空のキャラクターなどを、工夫を凝らして楽しみながら地図上に描くことができます。

必要なのは、頭に何を思い描くことができるかと、どこまで旅に行けるかだけです。世界中のアーティストが制作した GPS アートを集めてギャラリーにしてみました。ぜひご覧ください。

看板
お店 課外学習
教室 黒板

他の GPS / Google Earth アーティストの作品:(左から時計回りに)マイケ ニックスフォード「Your Earth Transforms」、高橋康「Wild Boar 2019」、ジェニー オデル「Satellite Collections」、ポール バーク「Spain」、ジェレミー ウッド「Meridians」

トップへ戻る